News

美容室Shuの最新情報

【永久保存版】美肌になれる暗髪カラー

ABOUTこの記事をかいた人
【永久保存版】美肌になれる暗髪カラー
碧南店 店長・カラーリーダー・トップスタイリスト 石川 貴章 facebook instagram

お客様が綺麗に可愛く満足できるように精一杯やらせてもらいます! カウンセリングもしっかり細かくお客様が納得するまでやるので、どんなお悩みでも言ってください! カラー好きなので、カラーはお任せください! Instagramに写真UPしてるので、よかったら参考にしてください!…

こんにちは!

 

最近金髪から暗髪にした

 

美容室shu碧南店店長の石川です!

 

 

IMG_8546

(もう少ししたらまた金髪に戻す予定です笑)


 

 

今日は今年のトレンドカラーである暗髪についてお話ししたいと思います!

 

暗髪カラーは黒髪よりも明るいけど、

 

一般的な茶髪よりも落ち着きのある

 

トーンのカラーリングのことを言います。

 

暗髪カラーの基準は、5〜6トーンです!

 

              IMG_5392

 

 

もともと日本人の肌のトーンには、少し暗めのカラーリングが一番相性がよく、

 

誰でも似合うことから今

 

一番人気の

 

カラーリングになっています。

 

暗髪カラーの最大の特徴は。。。

 

普通の暗いカラーリングは肌をくすんでみせたり、

 

重たく魅せてしまうのですが、

 

 

暗髪カラーは重たく

 

 

見えにくいのです。

 

今回は、美容室shuでも人気な暗髪カラーの特徴についてご紹介いたします!

 

 

暗髪の特徴とは?

IMG_6683

出典http://l-deli.com/img/疑問.png

 

 

1、暗髪は日本人に似合いやすい

 

 

IMG_6667

日本人はもともと肌に黄色味をもっている人が多く、

 

真っ黒すぎる黒染めをすると肌の色がくすんで見えたり、

 

血色が悪く見られがちに見えるのが

 

カラーリング時の特徴です。

 

今流行りの『暗髪』と言われる

 

6〜7トーンの明るさの暗髪カラーは、

 

肌をくすませてしまうことがない為、

 

暗めのカラーリングなのに違和感を

 

感じないカラーリングになります。

 

 

2、shuで人気な理由。暗髪なのに重たく感じない

 

IMG_7625

 

 

 

IMG_7769

 

 

IMG_8596

 

 

暗めのカラーリング=重たい

 

そう思う方も多いと思います。

 

しかし、暗髪カラーは今まであった暗い

 

カラーのように肌に透明感がなくなったり、

 

重たい印象に見えてしまうカラーリングとは違います!!

 

暗髪カラーは、今までのカラーリングとは違い

 

暗めのトーンなのに重たく見えない

 

カラーリングなのです。

 

その秘密は、ブラウンの配合量で決まります

IMG_6685

出典https://us.123rf.com/450wm/alexraths/alexraths1111/alexraths111100036/1140631jpg?ver=6

 

 

今までは、ブラウンの染料が多く

 

そのため重たく見えてしまってましたが、

 

暗髪カラーはブラウンではなく、

 

なりたい色味の染料を濃く配合しているのが暗髪の特徴です。

 

アッシュ系なら青みを配合し、

 

レッド系なら赤系の染料を多く入れることで

 

トーンを落とすのに重たく見えることはありません。

 

イメージは、暗くするよりも、

 

濃くして暗く見せるイメージだということです。

 

 

 

3、色持ちがい

 

 

IMG_6212

 

 

IMG_2106

 

透明感をだすためには髪の毛を明るくすることが必須と思って

 

ハイトーンカラーにしていた方が多いと思いますが、

 

ハイトーンカラーは確かに透明感がでるものの、

 

色落ちが気になります。

 

だいたい12トーンになってくると、

 

2週間で色落ちを覚悟しなくてはなりません。

 

暗髪カラーはトーンは6〜7トーンなので

 

色持ちは12トーンに比べて

 

倍以上の持続性があり、色落ちも綺麗なのが魅力です。

 

今まで透明感をだすために

 

ハイトーンにして色落ちを気にしていた方でも、

 

暗髪カラーにすることが今までよりも色持ちが一気によくなるのでおすすめです!!!

 

4、暗くても外国人のような雰囲気にできる

 

 

 

IMG_9800

 

 

IMG_7796

 

 

IMG_7851

 

 

0F5E1F73-618E-4694-97A7-104261362EBB 

 

 

外国人風と聞くと、

 

誰しもがハイトーンカラーのイメージを持っているかと思われますが、

 

実は暗髪カラーでも外国人のような雰囲気にする事は可能です。

 

なぜなら暗髪カラーは、

 

普通のカラーリングに比べても

 

暗髪カラーは透明感抜け感に優れています。

 

今までにない雰囲気の外国人風カラーに

 

挑戦してみてはいかがですか?

 

 

5.暗髪の明るさとは?

 

 

(1)黒髪・・・4トーン以下

(黒染めと言われる領域の事)

 

 

IMG_9806

 

*4トーン以下のカラーで染めた場合の

 

注意点としては、退色しても明るくなりません。

 

特別な『脱染剤でカラーを抜かないと戻せません』

 

今後明るくする事は絶対に

 

難しい明るくする事が困難なカラーレベルです。

 

 

(2)暗髪・・・5〜8トーン

(自然な色味を感じる領域の事)

 

 

IMG_9807

 

(3)茶髪・・・9トーン以上

(色味より明るさを感じる領域の事)

 

 

IMG_9809

 

 

6.黒髪をおすすめしない理由

 

(1)カラーチェンジがしにくい

 

もう、一生かラーリング何てしない!

 

そう誓って黒染めしたはずなのに。。。数ヶ月後には明るくしたい!

 

そんな出来事ありませんか?

一度黒髪(5レベル)ほどのトーンダウンをしてしまうと、

 

また明るくしたくなったときに

 

キレイに色を入れることが難しくなってしまいます。

 

 

(2)似合う人を選ぶ

 

黒髪はブルー系肌の方にはなじみますが、

 

色白でもピンク系やイエロー系肌の方、

 

小麦肌の方には合わせづらいのです。

 

 

(3)季節を選ぶ

季節によっては、洋服が明るくなるので、

 

黒髪だと合わせづらく感じる方も多いです。

 

これは、着る洋服に明度差がつきすぎる事で違和感を感じてしまいます。

 

 

IMG_6686

出典http://www.growing-labo.com/wp-content/uploads/2015/07/letthink2.jpg

 

 

対する“暗髪”は、時間が経過すれば色が自然と抜けるので、

 

次のカラーリング時に、

 

キレイな色を足してあげることができます。

 

肌の色や季節を気にするという事が無くなります!

 

明度をおさえれば痛みを感じにくい

 

カラーリングの効果も得られます!

 

髪の色や明るさで、

 

相手に与える印象は大きく変わってきます

 

女性のきれいは70%髪の毛で決まる!

 

と言われるように

 

第一印象は大切にしておきたいものですよね。

 

7、まとめ

 

 

このようなメリットの多い“暗髪”を

 

失敗しない方法で、綺麗を目指してみてはいかがでしょうか。

 

黒髪に失敗した方も明るい髪の毛に飽きた方も

 

色味の変化で、

 

新しい自分に出会えるかもしれません!

 

 

今年暗髪を希望される方は

 

美容室shu碧南へ是非1度ご相談ください(^^)

 

ご予約はこちらから!!

 

 

こちらもおすすめです。

↓↓↓↓↓↓

頭皮が硬くなる理由!?!?